Hair Set銀座ホステスヘアセット

高級クラブで働くホステスさんも実践しているヘアセット術

ホステスの女性には美しさと華やかさが求められます。

特にヘアスタイルはドレスアップをするうえで、とても重要な要素の一つです。
ですから、ホステスの女性のヘアスタイルは、ナチュラルなスタイルであっても、普段よりボリュームを付けたり艶やかに仕上げることで華やかさを演出するのが重要です。

巻きおろし・ダウンスタイル

巻きおろしのダウンスタイルでも普段よりボリュームを出すことを意識しましょう。

①下地作り

長時間の勤務中に髪の毛が崩れることがないよう、髪にアイロンを当てる前には巻き髪のミストやスプレーなどを使って下地を作ります。

巻き髪用のミストやスプレーは、アイロンの熱で髪の毛が痛むのを防止する効果もあるので、是非活用することをオススメします。

②アイロンで巻く

髪の毛をアイロンで巻いていきましょう。ボリュームを出すには、根本からしっかりと巻き込んで熱を均等に当てることが重要です。

耳から前、耳から後ろの部分と、さらにそれらを半分に分けて、適当な毛束を取って巻いていきます。すべて内巻きになるようにすると清楚で可愛らしいイメージです。

外巻きは大人っぽさと艶っぽさを演出することができます。内巻き・外巻きと交互に巻けば、全体的にボリュームが出て華やかなイメージになります。

③しっかり固める

最後にしっかりと毛先までハードスプレーで固めていきます。

もし少しボリュームを落としたいと感じたり、もっとナチュラルにしたいと感じるときには、しっかりと固めてから荒いブラシを使って、優しく髪の毛をブラッシングします。

しっかりと固める前にブラッシングしてしまうと、ヘアスタイルが途中で崩れる原因になってしまいます。まずはしっかりと髪の毛を巻いて、固めましょう。

④最後にチェック

髪の毛に華やかさが足りないと、ドレスを着たときにバランスが悪くなってしまいます。

最後に分け目やつむじのあるの部分に逆毛を入れて、ややトップににボリュームを出すことで、全体的なバランスを整え、ドレスアップに適した巻きおろしスタイルをつくることができます。

アップ・かぶせスタイル

かぶせはホステスのアップスタイルの中でも代表的なスタイルです。
かぶせの基本を覚えておくと、様々な応用がきくため、スタイルのバリエーションが膨らみます。
ここでは一番基本的なかぶせスタイルを解説します。

①ベース作り

まずは髪の毛を巻いてベースを作っていきます。

巻きおろし同様に、巻き髪ミストを使いながら巻いて下地を作っていきます。

フロントの部分はホットカーラーを巻いておきます。

②襟足作り

耳から前のフロント部分は邪魔にならないように分けておきます。

まずは後ろの部分を高い位置で一足に結びます。このとき、顎をあげるようにしましょう。顎を下げたままポニーテールをつくると、襟足がたゆむので、キレイに髪の毛をあげることができません。

顎をあげて襟足をしっかりとブラシでといて、ポニーテールを作りましょう。キレイな襟足は、アップスタイルの基本です。

③毛先を散らす

「②」で作ったポニーテールの毛先を、バランスをみながら散らしていきます。

少量の毛束に逆毛を立てることで、自由に毛先を動かすことができます。

もし難しいようであれば、大きなお団子を作りゴムの上に止めましょう。なるべく広げ、高さを出さないのがポイントです。

④前髪作り

後ろが出来上がったら、フロント部分を作っていきます。

ホットカーラーを外し、トップに逆毛をたてていきます。

毛束を顔のひっぱりながら逆毛を根本まで立てていきます。スライスはなるべく細かくとると失敗が少なくなります。サイドも同じように逆毛を立てていきます。

⑤ウェーブをかける

しっかりと逆毛をたてたら、髪の毛のボリュームを落としすぎないよう、バランスを身ながら後ろへむかって流れを作っていきます。

特にサイドのボリュームを落とし過ぎるとバランスが悪くなってしまうので注意します。

スプレーを上手に使いながら流れを作ったら、ポニーテールの毛束で作ったシニオンの部分へ止めていきます。このときはUピンを使うのが便利です。

しっかりとスプレーで固めながら行いましょう。もしボリュームを潰しすぎてしまった場合には、その部分に新たに逆毛を足してバランスを調整します。

⑥最終チェック

最後の仕上げには毛束感を出すと一層華やかさが引き立ちます。

慣れてくると、ポニーテールの部分を華やかに毛先を散らしたり、ベースをハーフアップにしてトップをかぶせたり、色々な応用ができるようになります。ぜひ挑戦してみましょう。

求人に関するご相談・ご応募お問い合わせはこちら